アメリカで初めての一人暮らし用マンション

アメリカで、初めて一人暮らしをするために、マンションを探すことになった時、英語は、そこそこ話せましたが、契約書の書き方、保証人などの問題から、日本にも営業所がある日本の不動産会社を通して借りることにしました。細かいところまで、全て説明してもらえた上、海外での初めての一人暮らしだった事もあり、治安なども考慮して、様々な物件を見せてもらうことができました。日本でも一人暮らしをしたことがなかったため、不動産会社の方がご自分の経験上の話などもしてくださり、とっても役立ち、素敵なマンションを見つけることができました。手数料などが、現地の不動産会社より高く、また、紹介される物件も、外国人でも住めるものというものだったため、地域の中では高めの物件でしたが、安心をお金で買うつもりになり、とても素敵な注文住宅のマイホームに住むことができました。あまり英語が得意ではない方、初めて海外で物件を借りる方には、もし近くに日本の不動産会社、日本語を話せる営業マンがいるのであれば、お勧めしたいです。