マイホームは常夜灯の位置が後悔スポット

安城市に建てたマイホームのこだわりで「小さいながらも後悔スポット」と言えば、常夜灯の位置です。新居での生活を始めてから気がついたのですが、常夜灯はもっと他にベストな場所があったかと思いますので。

まず常夜灯に関してですが、寝室のコンセントを常夜灯付きのものにしたのですよね。人感センサーにて電灯がついたり消えたりするタイプのものです。ハッキリ言って、寝室を真っ暗闇にする時は寝る時なわけですから、常夜灯って必要がなかったのですよね。ティッシュやメガネ置き場はサイドテーブルで手探りをするまでもなくわかる位置ですし。

それに外灯の明かりで寝室も全くの真っ暗闇空間というわけではないものですから、ですからこそ常夜灯が眩しいとさえ感じるのです。しかしコンセントについていますので自分では変えることができずそのまま放置してあるのです。

ネットで調べて自分でコンセントの交換を試みましたが、失敗しそうで未だに実行には写していません。それにこれだけのためにわざわざ業者にお願いするのも気が引けてしまって、それでそのままにしています。常夜灯はどうせならば廊下につければ良かったーと、後悔をしているというわけです。